筋トレMAN
お問い合わせリンク筋トレMAN

【プロテインで筋力UP!】効果が出ないのはタンパク質不足が原因

  • たんぱく質が筋肉のエネルギーになる

    たんぱく質が筋肉のエネルギーになる

    たんぱく質は血、筋肉、人間を構成する生成する為に必要で、何より筋肉を修復しエネルギーとなる。

  • プロテインのメリッ

    プロテインのメリット

    自然の食品から必要なたんぱく質を取得する場合にも、無駄な脂質、カロリーなどを摂取してしまう。プロテインには余計な栄養が入っていないので管理しやすい。

  • プロテインはカルシウムと一緒に摂る

    プロテインはカルシウムと一緒に摂る

    たんぱく質を分解するのは肝臓の役割で、摂取量が多い場合の排出時には血液を酸性にしないためにカルシウムが使われるため、同時にカルシウム摂取が望ましい。

 
 

毎日筋力トレーニングをしていても、思うように効果が上がらないのは、タンパク質不足が原因かもしれません。
筋肉の材料となるタンパク質が不足していては、せっかく筋トレをしても、筋肉をつくることができないんです。

筋力UPには筋力トレーニングも大切ですが、それに合わせてしっかりタンパク質を摂取することが大切なんです。


なぜタンパク質が必要??

小学校などで、タンパク質は「血や肉になるもの」と習いましたよね!?
タンパク質は、血液や筋肉を作る大切な栄養成分です。タンパク質を構成するアミノ酸が筋肉を作ってくれるんです。

そして、タンパク質は筋肉のエネルギーにもなります。
「エネルギー源になるのは炭水化物や脂肪なのでは??」と言う人も多いと思います。
もちろん、間違いではないのですが、実はタンパク質もエネルギー源になっているんです。タンパク質を構成するアミノ酸が筋肉のエネルギー源となります。

筋力トレーニングを行うと、筋肉は多くのエネルギーを消費しますが、筋肉のエネルギー源となるタンパク質が不足していると、筋肉を分解してエネルギーを得るようになってしまいます。
そのため、筋力トレーニングを行なう際にはタンパク質を摂取して、筋肉がエネルギー不足にならないようにしなければならないのです。

また、筋力トレーニングによって傷ついた筋肉を修復するのにもタンパク質が必要です。
傷ついた筋肉を修復して、より強い筋肉を作ることで筋力が高まりますが、そのためにはタンパク質が不可欠なのです。

なぜプロテインが良いの??

肉や魚、乳製品など…タンパク質を含む食品はたくさんありますが、それらの食品にはタンパク質だけでなく、脂肪などの余計な栄養素も含んでいます。
ハードなトレーニングになるほどタンパク質を摂取する必要がありますから、タンパク質を含む食品をたくさん摂取して脂肪を過剰に摂取してしまうと、筋力UPの前に肥満を招いてしまう可能性があるんです。

プロテインは、含まれている成分のほとんどがタンパク質で、脂質や糖質はわずかです。余計な栄養を摂取せずにタンパク質を摂取できるというメリットがあります。

また、食品は消化・吸収に時間がかかりますが、プロテインは吸収が早いので、スピーディーに筋肉のエネルギー補給ができるというメリットもあります。

プロテインにデメリットはある??

プロテインは過剰に摂取してしまうと、肝臓に負担をかけたり、カルシウム不足を招いたりしてしまいます。
…と聞くと、プロテインに副作用があるかのようなイメージを持ってしまうかもしれませんが、プロテインの取りすぎ、つまりタンパク質を取りすぎた場合の悪影響がこれに当たります。

消費しきれなかったタンパク質は、肝臓で分解してから排出しますので、消費するよりも過剰にタンパク質を摂取してしまうと、それだけ肝臓が働かななければいけないのですから、負担になってしまうんです。

また、タンパク質を過剰に摂取して、排出するタンパク質の量が多くなると、血液が酸性に傾きやすくなります。それを防ぎ、中和するために働くのがカルシウムです。
そのため、タンパク質を過剰に摂取すると、その分カルシウムが必要となるので、十分にカルシウムを摂取していなければカルシウム不足を招いてしまいます。

お金がかかるというデメリットも…

プロテインは効率よくタンパク質を摂取できて筋力UPに有効な食品なのですが、やはりお金がかかってしまいます。
ハードなトレーニングになるほど使用量も多くなりますから、ヘビーユーザーには多額なお金をかけている人もいます。
プロテインはトレーニングを行なう日だけでなく、休養日にも摂取するのが望ましいです。なぜなら、筋肉はトレーニングを行なわない日にも成長しますので、やはりタンパク質が必要になるんです。
多くのプロテインが販売されていますが、毎日のように摂取するものなので、成分だけでなく値段も考慮して選ぶ必要があるでしょう。
130円〜のお試しパックがあるので初心者でも手軽に試すことができ、仲介業者を省いているから流通コストがかからず 安く販売しているプロテインを見つけたのでご紹介します。

原料選び・製造・鮮度にまでこだわった質の高いプロテイン
激安プロテインのバルクスポーツhttp://www.bulksports.com/
プロテインの品質を決める原料にこだわり、製造からユーザーに渡るまでの期間を短縮、新鮮で高品質なプロテインです。
その上、流通コストを一切省いているため圧倒的なコストパフォーマンスを実現しています。

プロテインを摂取するタイミングは?

プロテインを摂取するのはトレーニング前なのでしょうか?それとも、トレーニング後なのでしょうか?
実はどちらも間違いではありません。摂取するタイミングによって、プロテインの働き方に違いがあるのです。

トレーニング前に摂取した場合

トレーニング前に摂取する場合は、トレーニングの30〜60分前に摂取します。
「そんなに直前で、ちゃんとタンパク質は吸収されるの??」と心配になるかもしれませんが、プロテインは吸収されやすいようになっていますので、トレーニングの直前に摂取してもちゃんとエネルギー源になってくれるんです。

プロテインは牛乳に混ぜて飲む人が多いですが、より吸収を早めたい場合には、吸収の早いスポーツドリンクなどに混ぜて飲むと良いでしょう。

ところで、トレーニング直前に摂取したプロテインですが、先にも述べたように筋肉のエネルギー源となり、トレーニングによって筋肉が分解されるのを防ぎます。 筋肉がエネルギー不足になってしまうと、筋肉を分解してエネルギーを得るようになってしまいますが、事前にエネルギー摂取することでそれを防ぐことができるんです。

トレーニング後に摂取した場合

トレーニング後のプロテインは、ダメージを受けた筋肉の修復に働きます。
トレーニング後に摂取することで、傷ついた筋肉を修復して、さらに強い筋肉を作るようになるんです。

就寝前に摂取するのはどうして?

就寝前に摂取するプロテインは、筋肉をつくる働きをします。

眠っている間も筋肉は作られますが、その時に筋肉の材料となるタンパク質が不足していては、効率良く筋肉は作られなくなってしまいます。
夕食を摂取してから朝食までの間のタンパク質不足を防ぐことで、眠っている間に効率よく筋肉が作られるのです。



筋トレ
<a href="http://kintoreman.com/" target="_blank"><img src="http://kintoreman.com/img/banner.gif" alt="筋トレ" width="88" height="31" border="0"></a>

筋トレMAN

<a href="http://kintoreman.com/" target="_blank">筋トレMAN</a>

広告掲載