筋トレMAN
お問い合わせリンク筋トレMAN

筋力トレーニング

筋力トレーニング、いわゆる筋トレは一般的には「身体を鍛えるための運動」「ダイエット法」として認識されていると言えます。しかし、筋肉を鍛えることのメリットは運動能力の向上や体重の減量だけにとどまらないのです。筋トレの科学的な原理や、筋トレの効果などを詳しく解説していきます。

筋力トレーニングを知る!

筋トレは健康志向の時勢もあって、スポーツ選手だけでなくサラリーマンや主婦と言った一般の人も行う健康に良い運動と見なされています。しかし、それは筋トレの本質の正しい解釈であるとはいえません。

筋トレをしてはいけない!?

昔、日本では「筋力トレーニングはスポーツ選手のやるべきものではない」と言われていた時代がありました。「筋トレで作った筋肉は硬くて動きを阻害する」「筋トレは見せかけだけの身体を作るもの」という考えがまかり通っていたのです。このような『筋トレ害悪論』の背景には、「実用的な筋肉は日々の練習の中で作られていくもの」という練習を絶対視する考え方が受け継がれてきたことがあったと言えます。しかし、現在ではこのような『筋トレ害悪論』を唱えるような指導者は逆に指導力を疑問視されるほど、筋力トレーニングがスポーツの世界に根付いていると言えます。

筋トレに付きまとう誤解

このように、筋力トレーニングには様々な誤解が付きまとっていると言えます。例えば、「筋トレをやめると筋肉が脂肪になる」「子供のうちは筋肉を鍛えるべきではない」「筋肉の鍛えすぎは身体を硬くする」などの言説は、今でも実しやかに言われています。しかし、これらの言説は筋トレに対する誤解なのです。このような誤解は、筋トレの効果が正しく理解されていないことに端を発するものであると言えます。

筋力トレーニングの効果

では、筋トレにはいったいどのような効果があるのでしょうか。

運動能力の向上

筋力トレーニングで筋肉を鍛えることで、運動能力がアップします。例えば、「今までより重いものを持ち上げられるようになった」「足が速くなった」「ジャンプ力が上がった」といった効果が期待できます。

基礎代謝の向上

筋肉を動かすために必要なエネルギーは、筋肉の量や力によって決定します。筋トレで鍛えられた筋肉は力も増し、量も増えているので必要とするエネルギーの量はアップします。これによって、脂肪として蓄積されたエネルギーが消費されやすくなりダイエット効果が期待できるわけです。

知っておきたい筋トレの知識

筋トレは日常的な運動として、広く根付いていますが筋トレの原理や効率的なやり方を理解した上で取り組んでいる人はまだそう多くは無いのではないでしょうか。ここでは、筋トレの科学的な知識などを紹介していきます。

なぜ筋トレをすると筋肉が鍛えられるのか

では、なぜ筋トレは筋肉を鍛えることが出来るのでしょうか。

そこには、人間の身体が持つ「自然治癒力」の働きがあるからです。人間の身体が傷つけば、自然治癒力が働き元々の状態よりも強く大きい状態に再生します。この自然治癒力を積極的に利用するのが筋トレなのです。筋トレの多くは、筋肉に負担を掛けるものです。この負担によって傷ついた筋肉は数日のうちに自然治癒力の働きで再生します。この損傷と再生のサイクルによって筋肉は徐々に強さを増していくのです。

筋トレを効率的に行う「超回復」とは

このような自然治癒力の働きは、筋トレにおいて重要な働きであると言えます。そして、自然治癒力がもっとも強く働くのは、身体が傷ついてから48時間〜72時間後であると言われています。
この自然治癒力が強く働く状態を「超回復」と言います。この超回復の周期に併せて筋トレを行うことでトレーニング効果を最大に引き出すことが出来るのです。
逆に、自然治癒力が働く前にトレーニングを積み重ねると筋肉が再生によって強化される前に傷ついていくだけになってしまい、筋肉が縮小していきます。これを「オーバートレーニング」と言います。

アウターマッスルとインナーマッスル

アウターマッスルは、体の表面から触れることができる太い筋肉のことであり、瞬発力が高く大きな力を発揮する筋肉のことを言います。対して、インナーマッスルは、体の骨や関節のような深い部分にある筋肉のことであり、しなやかで繊細な動きをサポートする筋肉のことを言います。この2つの筋肉をバランスよく鍛えることで、パワフルな活動から精密な動きまで柔軟に対応することができるようになります。

筋トレ
<a href="http://kintoreman.com/" target="_blank"><img src="http://kintoreman.com/img/banner.gif" alt="筋トレ" width="88" height="31" border="0"></a>

筋トレMAN

<a href="http://kintoreman.com/" target="_blank">筋トレMAN</a>

広告掲載